<   2007年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

春日部

5日連続で飲んで、東京脱出。

渋谷駅前のあの人ごみってのは、改めて見るとかなり奇怪な光景だ。天安門広場やウルムチ駅前の人民の群れを思い出す。そりゃ外国人もクレイジーって言うよな。

環八を走っていたら、駒大の駅伝メンバーとすれ違った。
「おぅ!久しぶりだねぇ。キミ達ももう4年かい。早いもんだ。」
と、心の中でつぶやく。


白河の関まであと150km。
家まであと300km。
[PR]

by hide_o_81 | 2007-11-26 21:14 | 日本  

沼津

いやぁ、富士山はやっぱ綺麗だわ。
7000m級のムズターグアタに迫力では及ばないけど、美しさではこっちに軍配だな。


毎日たいした距離を走ってるわけじゃないのに、なんだか超速で進んでるような錯覚を覚える。砂漠地帯では1日走って次の町か次の次の町に着くような感じだったけど、日本では1日走ると物凄い勢いで知ってる町々を通り過ぎてしまう。

大陸的な距離感がこびり付いてるせいかな。
100kmなんて距離は、
チャリで1日弱。
車で1時間。
バスでも1時間。
列車でも1時間。
だったもんなぁ。

日本的距離感に戻さないと。
いや、いいか、そのままで。
仙台-東京、車で3時間。もちろん下道。
素敵じゃん。


日本に帰ってきてから4人の知り合いと会ったが、誰と会っても全く懐かしい感じがしない。先週まで普通に会ってたような感じ。
左側通行も、素晴らしすぎる交通マナーも、世界でも超少数派のチラ見文化も、上陸2日目には何の違和感も感じなくなった。ぜーんぜん1年ぶりっぽい感じがしない。
でもポルトガルとかスペインにいたのが1年近く前ってのは納得できる。
まるで精神と時の部屋じゃないか。
日本は1日しかたってないんじゃないの?本当に1年たったの?

でも周りを見るとやっぱり間違いなく1年はたってるらしい。
まず自分がいつの間にか25になってるし、誰某が結婚したとかするとか聞くし、コンビニで流れてるのは全然知らない人の全然知らない曲だし、郵便局がオレンジ色になってるし、マッコウクジラみたいなハイエースがやたらと増殖してるし、訳のわからない流行語ができてるし、ウォザースプーンが世界新出してるし。
1年って結構でかいんだなぁ。

ちなみに、1年ぶりにめざまし占いをチェックしたら見事に最下位でした。
[PR]

by hide_o_81 | 2007-11-20 21:05 | 日本  

大阪

日本上陸。

大学時代の部活仲間の二人が、神戸の港に出迎えに来てた。はるばる岡山と宮城から。しかも変な作り物まで準備して。

全くアホでクレイジーで最高な連中だ。


そんなわけで、今日は二日酔いでずーっと気持ち悪かった。

色々書くことはあるんだけど、あとでいいや。


とりあえず、日本には帰ってきましたよ、と。
[PR]

by hide_o_81 | 2007-11-15 20:03 | 日本  

万里の長城

北京から250km以上北東の秦皇島という所に、片道4時間のバスで日帰りという強行日程で行ってきた。

ここには万里の長城の東の端がある。
1ヶ月以上前に行った嘉峪関が西の端で、ここ秦皇島の山海関が東の端。
西の端は川で終わっていたが、東の端は海で終わっている。その終わり方もなかなか趣があって良かった。ずーっと続いてきた長城が、海にちょこんと出っ張って終わってる。なんとなく襟裳岬みたいな感じ。ただ、先端が新築で、そこに中国人が大好きな記念碑がたってるのが残念。

これで万里の長城の東と西の端を見たことになるし、甘粛省では砂漠の中で2〜300kmくらい手つかずの長城と並走した。でも一番有名で強固な北京郊外の長城は時間がなくて行けなかった。それがちょっと心残り。ま、端と端を制してしかも並走までしちゃったんだから、その間も行ったようなもんでしょ。

それにしても久々の海だった。香港のビクトリアハーバーも海だけど、あれは内湾だから全然海っぽくない。広々とした海はイスタンブール以来。地平線に飽きていたので、水平線はちょっと感動もんだった。

----------------------------------------------------------

ところで、こないだチャリ漕ぎながら日本のこと考えてたら、とんでもない事実に気がついた。
「今年って平成19年」
ってことじゃない。僕はちゃんと4月くらいには気づいていた。
だがそれについて深く検証していたら、思わず「うぉっ!」と叫んでしまった。
今年が平成19年ってことは、来年は平成20年?!
しかも平成20年まであと2ヶ月もねー!
えー!まじで?!

別に20年だからどうこうってのはないけど・・・。
いや、でも20年だからねぇ。

海外に長く居るみなさーん、知ってました??

それにしても19の次が20である事に気づくのに半年かかるとは・・・。
[PR]

by hide_o_81 | 2007-11-09 19:35 | 中国  

北京

あれからどれくらい経ったのだろう
沈む夕日をいくつ数えたろう・・・
byナガブチ

北京に着いた。
一応この街で、ユーラシア大陸横断は終了ってことにする。
ロカ岬を出た日から332日。
ずいぶんかかったなぁ・・・。

天安門広場に着いたときはさすがに感動した。
ずうーっと先にあると思ってたあの赤い門が、今目の前にある。
感傷に浸ろうかと思ったが、真ん中に掲げてある毛沢東の肖像画が実に目障りだ。貴様の顔を見る為に11ヶ月間ペダルを漕いで来たわけじゃねー!

結局5分で立ち去った。

・・・


正直に言うと、もう限界だ。
体力的にはまだ余裕あるけど、精神的に・・・。
自分を知る人がいない、言葉が通じない、常識が通じない、という完璧アウェーな状況で、毎日寝る場所もはっきりしないまま違う場所を転々とする生活。
もうムリ。

ここ1、2ヶ月は特にしんどかった。毎日なぜかイライラしてた。とにかくイライラしてた。クラクションに対して、人民に対して、風に対して、雨に対して、泥に対して、TVの中でうさん臭い笑顔を振りまく胡錦濤に対して、ほぼ全ての紙幣に登場する毛沢東に対して。
たまに自転車で並走して声をかけてくるおっさん。「鬱陶しいから早く消えてくれ」としか思わなかった。

旅としてはもう賞味期限切れの状態だった。でも途中で帰るのだけは避けたかったので、ほとんど意地だけで走ってた。

あとは天津新港までの170kmを走り切りさえすれば、そこには燕京号という船が待っている。寝てるだけで日本まで連れて行ってくれるという夢のような乗り物だ。それに乗れば、2日後には自動的に日本は神戸に到着する。
神戸から家まではたぶん1000kmくらい。もう惰性で走れるだろう。何てったって日本だから。

あぁ、ユーラシア大陸がこれ以上大きくなくて良かった。
[PR]

by hide_o_81 | 2007-11-07 19:49 | 中国