カテゴリ:イタリア( 3 )

 

Napoli

石畳が憎たらし過ぎます。

ヨーロッパの大都市はどこでもそうなんでしょう。
街の中心部は必ず石畳です。

本当にいい加減にしてほしいです。
まともに走れません。
手が痛い。ケツが痛い。脳ミソが揺れる。チャリとキャリアの寿命が縮む。
何もいい事ない。
おそらく車にとっても、騒音・振動が酷い。燃費悪化。サスはヘタる。濡れれば滑る。
やはり何もいい事ない。

道路が石畳であることによってどれだけ環境とケツに負荷が掛かるか。
まさに時代に逆行してるとしか言えない。

風情があっていい?
まず街の落書きとゴミと動物の糞を何とかするのが先でしょう。
だいたい古き良き時代を再現した(と思われる)石畳の上を、車が排気ガスを撒き散らして走ること自体が妙な光景な気がしますが。


とまぁ、チャリダーのたわ言はこのくらいにしといて。

ナポリに着きました。
この街は今までの街とは一味違います(石畳以外)。
クラクションがうるさい。渋滞がすごい。街が汚い。
つまり、アジアチックです。正直ヨーロッパの街々には飽きてきていたので、ちょっと新鮮です。急にアジアに近づいた感じがします。

ところでナポリは世界三大夜景の一つらしいです(残りは函館と香港)。
なんですが、ガイドブックにはそんなこと一言も書いてません。
でもネットで調べて見に行ってきましたよ。こう見えて夜景好きですから。

正直な感想。
たいしたことねー。
誰が世界三大夜景にナポリを選んだのか知りませんが、相当の私情をはさんでいたに違いありません。他の2つに比べて圧倒的に光量が少なすぎで、むしろ車のヘッドライトばかりが目立つだけ。仙台の夜景のほうが綺麗です。自分なら函館・香港・某スーパー銭湯帰りの国見峠からの仙台を世界三大夜景に選びます。
でも夕暮れの眺めは綺麗でした。やはりヴェスヴィオ火山が見えてこそのナポリの眺めですね。
まぁこれで世界三大夜景を全て制覇したので良しとします。

あ、今日ポンペイに行ったら、遺跡の中に桜が咲いてました。
やはり桜はいいっすね。

んじゃ。
[PR]

by hide_o_81 | 2007-02-07 01:35 | イタリア  

ローマの休日

ローマ、真面目に観光しましたよ。初日はね。
まぁ思ったよりもいい街です。

特にフォロ・ロマーノがいいっすね。大昔の神殿の跡があまり飾り立てられることなく残っていて、歩いてるだけで気分が落ち着きます。観光客は多いけど。。。

コロッセオ。
これは何とも言えません。
恐ろしく何も感じませんでした。

トレヴィの泉。
後ろ向きでコインを投げ入れると、再びローマを訪れることができるという。。。
タダで招待してくれるならやってもいいけど。

ヴァチカン。
システィーナ礼拝堂がある博物館はべらぼうに入場料が高いのでパス。
サンピエトロ寺院はタダなので入る。それはそれは見事な寺院で、神聖な絵やら彫刻やら祭壇やらがズラリ。でも荘厳すぎて、無宗教の自分にはちょっと居心地が悪かったっすね。何だか物見雄山でブラブラするのはちょっと失礼な気がして。まぁそれくらいにカトリックの総本山としての威厳があるってことですかね。

でもその神聖なヴァチカン市国の目の前で、偽ブランドバッグを売る不とどき者が大勢いるから面白い。
その中に便利そうなカメラ用のちっこい三脚が売られていて、5ユーロを2.3ユーロに値切って購入。でもこれ日本の100円ショップにあるようなないような。。。

観光はまぁだいたいそんな感じ。
で、昨日と今日は、本屋と駅と郵便局とスーパーとネットカフェと公園に行ったくらい。
十分休養できました。


ところで、ローマに来る3日前に、ピサにチャリンコを置いて電車でフィレンツェに行ってきました。
メディチ家の過去の栄光なんてのはどうでもよくて、ただサンタ・マリア・デル・フィオーレのドゥオーモを見るのが唯一の目的。だったんですが、正直な感想は、ありゃ?ちっちぇー、でした。ちょっとがっかりです。どうやら過度に期待しすぎていたようです。そんなこともあって、フィレンツェは自分としてはパッとしない街でした。

むしろ、ピサの方が印象に残りました。
斜塔なんて塔が傾いただけだろ。ただの設計ミスじゃん。
なんてまったく期待してなかったんですが、実際見てみると塔自体がすごくきれいな形だし、周りの建物ともうまくマッチしていてなかなかいい感じ。で、塔の傾きもちょうど良いあんばいで、不自然さがない。
ただ、芝生があまりにもきれいなのがわざとらしくて残念。


今後の予定は、明日から再び南下を開始し、ナポリからアペニン山脈を越えてバーリまで行き、そこから船でギリシャのパトラへ。さらに2週間かけてヨーロッパの終点のトルコ・イスタンブールを目指す予定です。

実はバーリからはアルバニアへの航路もあって、アルバニア-マケドニア-ギリシャというマニアックなルートも非常に興味があったのですが、寒そうなので無難にパトラ入りになりそうです。

そんじゃまた。
[PR]

by hide_o_81 | 2007-02-04 02:57 | イタリア  

Roma

すべての道はローマに通ず

確かに、車の流れに乗って走ってたらバチカンの横っちょに出ました。
んでもローマ市内の道がわけわかんねー。
すべての道がとぎれとぎれで、かつ一方通行だらけで目的地まで行くのが大変。
ローマを出る時はさらに大変そうです。

そんなわけで、今日イタリアのローマに着きました。
例によってダラダラと4泊ほど(たぶん)する予定です。


イタリアに入って8日目。書きたいことはたくさんあるのですが、腹が減って力が出ないので一つだけ。

チャリダーは、普通の旅行者が絶対に行かないような小さな村をたくさん通って旅を進めます。そういう所を通るたびに、自分はこの村を訪れた何人目の日本人だろう、何人目の宮城県人だろう、とどうしても考えちゃいます。まぁ意外とたくさんいるとは思いますが。。。

昨日、ローマから70kmほど北にあるCivitavecchiaという町(ここはそこそこでかい)に泊まったんですが、そこで意外な人物に出会いました。

インフォメーションを探してウロウロしていると、彼は突然現れました。

おや、ハセツネさんじゃないですか!!

思わずそう叫んでしまったわけではないですが、そりゃー驚きました。
あ、登山家じゃないですよ。
支倉常長です。支倉常長の像です。

どうも、彼が伊達正宗の命を受けてローマに向かうために上陸したのがこの町らしいのです。

感動しました。
今んとこイタリアで一番の感動です。

すでに400年も前に宮城県人がこの地を踏んでいたとは。
感涙に咽びそうになりました(宿探しが先なのでやめときました)。
とにかくもう嬉しかったです。
そしてそれを知らなかった自分が情けない!
どうやら彼はここに来る前に、ジェノバ、ニース(らへん)、バルセロナ(らへん)、カディス(らへん)にも寄っているらしいのですが、それって自分が今まで通ってきた道とほぼ同じじゃん!
今更ながら、勝手に親近感湧きまくりです。

くそー、もっと勉強しとくべきだった。。。
やはり歴史は知っとくべきですね。
地理だけじゃだめです。

んじゃまた。3日後くらいにまた来ます。
[PR]

by hide_o_81 | 2007-02-01 04:27 | イタリア