中国・河西回廊

春先に東から中国を抜けてきたチャリダーに、この辺りは風と砂嵐に気を付けろと言われた。
砂嵐に巻き込まれると髪の中、バッグの中まで砂まみれになるという。砂嵐対策用のゴーグルとマスクまでもらった。

が、実際来てみると風は追い風の日が多く、砂嵐も一度も起こらなかった。
ゴーグルもマスクも一度も使わずじまい。

どうもこの季節(9月)はこんな感じらしい。
確かに日本に黄砂が飛んでくるのは春先だもんなぁ。

というわけで、海抜0mのトルファン盆地を脱出してからは、砂漠でも快適なサイクリングが楽しめた。


地平線まで何もないところを走っていると、とにかく空がでかく感じる。
山がちでビルだらけな日本だと空なんて上を見なきゃ目に入ってこないけど、ここでは前を見ただけで視界の半分が空だ。

改めて見ると、空ってむちゃくちゃ綺麗。
真っ青な空間を、芸術的な形をした白い雲が悠々と流れる。

空があまりにも綺麗で、立ち止まって見惚れてしまうことも多々。



f0118777_11444437.jpg

f0118777_11452934.jpg

f0118777_11454457.jpg

f0118777_11461886.jpg

f0118777_11463176.jpg

f0118777_11473582.jpg

f0118777_11482514.jpg

おぉ!こんな所にヒマワリが!
でもこれって道路を舗装したときに工事の中国人が食いかけのヒマワリの種を散らかして、それが今になって出てきたんじゃねーかと思う。



f0118777_11432397.jpg

ピチャンの沙山公園。入場料900円。
タクラマカンでもゴビでもこんな綺麗な砂丘はめったに見られない。
砂の粒子がめちゃくちゃ細かく、足を入れるとずんずん沈んでく。まじで恐怖。



f0118777_11521297.jpg

敦煌の鳴沙山。ここも入場料を取る。1500円。



f0118777_1201414.jpg

懸壁長城。万里の長城の一部。



f0118777_11553766.jpg

嘉峪関。万里の長城の一番西の関所。



f0118777_11561517.jpg

関所は最後でも、長城自体はまだ続く。



f0118777_11564071.jpg

長城の終着点が見えてきた。
左端のボコっとなってるところで終わる。



f0118777_11572382.jpg

ここが終点。中央のでっぱりがそれ。



f0118777_12142.jpg

しばし長城と併走する。
長城は、道路と交差する所で寸断されてたり、人んちの塀に流用されてたりする。



f0118777_1225319.jpg

イランから4ヶ月間毎日履き続けたサンダルがダメになった。
ついにお別れの時。



f0118777_1251370.jpg

ペダルの後がくっきり。
今までありがとう、サンダル。
[PR]

by hide_o_81 | 2008-03-07 12:09 | 振り返る ~アジア編~  

<< 中国・黄土高原、香港 中国・天山南路 >>