キルギス

f0118777_14325649.jpg



キルギス第二の都市オシュにチャリを置いて、乗り合いタクシーで首都ビシュケクへ。
目的は特になく、ただ宿が楽しそうだったから。

実際楽しかった。バザール行ったり、ビール飲みながらサウナ入ったり、湖に行ったり、ガスマスク分解したり、ウォッカのサマゴーン(密造酒)割りでゲロ吐いたり。

この宿で日本人チャリダーが同時に5人も揃った。今回の旅で会った日本人チャリダーは6人。そのうち5人がキルギスで会った人たちだ。でも僕以外はみんな西行き。


オシュに戻ると、宿のおばちゃんがチャリを預けている僕の事をほとんど忘れていた。
5日で戻るって言っといて実際に戻ってきたのが2週間後じゃぁ無理もないか・・・。


オシュから中国国境までの道は、極悪路の峠道。
だがそんなところを行く気力はこの頃はほとんどなく、カシュガルまで国際バスに乗ることにした。また轍が途切れる。

バスは中国製で、車体に漢字が書いてあるのが新鮮。

いよいよ最後の国が見えてきた。



f0118777_1325082.jpg

ガス水の自動販売機。
中央アジアでよく見かける。
トルクメニスタンで手動のガス水販売機を利用したことがあるが、やたらと甘くてますます喉が渇き、衛生的にも???なのでそれっきり飲んでない。



f0118777_13275089.jpg

オシュのバザールで。
夏に尾花沢からやってくる出張スイカ屋もびっくり。誰もわかんねーか・・・。



f0118777_1330382.jpg

ソ連車ってなんか味があるよなぁ。



f0118777_13313231.jpg

f0118777_1332949.jpg

オシュからビシュケクへ向かう道。



f0118777_13324091.jpg

ビシュケクのバザール。



f0118777_13331083.jpg

肉バザール。
クサイ・・・。



f0118777_13365010.jpg

これ、キリル文字。ペクトパーじゃありません。
キリル文字のРはラテン文字のRに対応。同様に、С→S、Н→Nと変換していくと・・・。



f0118777_14114967.jpg

・・・。



f0118777_13585575.jpg

標高3000mのソン・キョル。
宿のメンバーでツアーを組んで行った。このゲルに泊まる。
静かな湖。



f0118777_13594432.jpg

これ、トイレ。
中に入ると、コンクリートの床に20cm×80cmくらいの長方形の穴が開いている。
それだけ。



f0118777_143698.jpg

この子、土食ってた。



f0118777_1433734.jpg

f0118777_1444769.jpg

f0118777_1453431.jpg

なかなか良い所ではある。



f0118777_1464034.jpg

チャリで下りたいなー。



f0118777_1473024.jpg

帽子族、ミーティング中。



f0118777_1495830.jpg

北海道を思い出すなぁ。
向うに見える海みたいなのはイシク・クル湖。



f0118777_1491395.jpg

中央アジアのバスってのはとにかくボロイ。
でもカッコいい。



f0118777_14144149.jpg

スレイマン山から見たオシュの町。
ここらへんの町はずいぶんと緑が多い。



f0118777_1415379.jpg

オシュの新バスターミナル。
ウズベキスタンとの国境から1kmくらいの所にある。
ウズベキスタン内の各都市とを結ぶ便のために建設されたが、あるときウズベク政府がタジク・アフガンに潜む反政府勢力の活動を制限するために、国外からの車両の出入りを一切禁じてしまった。それによってオシュとウズベクを結ぶ便も消え、今やこのバスターミナルを発着するのは中国に向かうバスのみ。プラットフォームはたくさんあるのに停まってるバスは1台か2台。
廃墟のようなバスターミナルである。



f0118777_14234280.jpg

ソ連製トラック、КАМАЗ。
カマ・3ではなくカマスと読む。
フロントガラス中央のピラーがシブイ。
でもやっぱりボロイ。



f0118777_14262490.jpg

国境の町イルケシュタム。
チャリダーが何人かいて、バスで来た事をちょっと後悔。
[PR]

by hide_o_81 | 2008-02-23 14:27 | 振り返る ~アジア編~  

<< 中国・カラコルムハイウェイ ウズベキスタン >>