ウズベキスタン

旧ソ連といえば、腐った役人。
ウズベキスタンの入国でやられた。

税関の職員に所持金チェックを求められ、まんまと100ドル札数枚を取り出してしまった。ここまで物を盗まれたことなどなかったので油断していた。
「俺は日本に行ったことがあるぞ。ナリタだろ、ナリタ」
などとめちゃくちゃどーでもいい話にいちいち反応してたら、いつの間にか100ドルすられていた。しかもこのときは全く気付かず、翌日宿で金を勘定して初めて気付くという有様。
あー、情けねー・・・。
つーか悔しすぎる!
100ドル盗られたことよりも、奴の手に100ドル渡ったことが悔しい!
ちくしょー!


ブハラで体調を崩した。
上からゲロゲロ、下からゲリゲリ。
気温45度、体温は40度。
食べ物は脂っこいものばっか。しかも基本的に羊。
んなもん食えるわけねー。
このときはそうめんに1万円出してもいいと思った。

宿のおばちゃんが医者を呼んでくれた。
英語もろくにしゃべれず、注射器を部屋に忘れていくような医者だったが、生まれてはじめての点滴を4本(400円)を打ってもらい、怪しげな薬を大量に飲んでだいぶ良くなった。

7日の休養の後出発したが、すぐにダウン。
振動が胃に響く。
予想外の砂漠に突入し、フラフラになりながら道路工事の小屋に助けを求める。

スープを作ってくれたり、ベッドを提供してくれたり、厚いもてなしを受けてどうにか回復。
だがやはり出発してすぐ悪化。

サマルカンドで10泊、タシケントで12泊して休養をとりながら進むが、フェルガナ盆地へ入る峠の手前でダウン。水以外全く受け付けず、お茶だけで嘔吐。まっすぐ歩けない。つーかほとんど動けない。レストランの座敷みたいな所で寝て、翌日ヒッチ。車で峠を越える。
ついにロカ岬から刻んできた轍が途切れてしまった。

ナマンガンという町で車を下ろされる。
アルカイダと繋がりのあるウズベキスタン・イスラム運動のメンバーを多数輩出するこの町で、フラフラの身で宿を探す。が、なぜか全く見つからない。
途方に暮れて商店の前に座り込んでいると、店のおばちゃんがウチへおいでよと言ってくれた。心のこもった夕食。
中学生くらいの息子は、将来は日本の大学に行って勉強したいと言った。あの子なら実現できそうな気がする。

翌朝、出発間際におばちゃんがケバブでも食べな、と500ソム札を2枚くれた。日本円にすると100円程度だけど、一生の宝物にしよう。



f0118777_21485521.jpg

道路工事のおっさんたち。
工事現場には大体彼らの小屋があって、行くと歓迎してくれる。
衛生状態は・・・。



f0118777_21512478.jpg

ウズベキスタンの朝。



f0118777_21522100.jpg

f0118777_21523045.jpg

f0118777_21524411.jpg

f0118777_21525968.jpg

以上、ブハラ。
歩いていてかなり楽しい町。
メシさえまともなのがあれば・・・。



f0118777_21535555.jpg

カフェ(レストラン)にて。
3時間くらい昼寝させてもらう。
この子らがスーパーマリオをやっていたので見本を見せてやったら、彼らの僕を見る目が変わった。



f0118777_21554395.jpg

ハラショー?!
このじいさん、突然車でやって来てウォッカをがぶ飲みして車で帰っていった。
もちろん僕も飲まされた。



f0118777_2157069.jpg

憧れの街サマルカンドのレギスタン広場。
ここは中に入らずに外から眺めるだけの方がいい。



f0118777_21575639.jpg

青の都サマルカンド。



f0118777_21583031.jpg

これ全部お墓だって。



f0118777_2159456.jpg

サマルカンドの街。緑が多い。



f0118777_2212636.jpg

ティムールの墓の内部。
ぎらぎら。



f0118777_21593834.jpg

サマルカンドの宿、バハディールの主人の息子と孫。
この孫がむっちゃくちゃ可愛い。
「ハロゥ!」が口癖。



f0118777_2221659.jpg

用水路で泳いでいたガキンチョたち。
涼しそう・・・。



f0118777_2232148.jpg

道端のスイカ・メロン屋。
ウズベキスタンではしょっちゅうお世話になった。



f0118777_2243214.jpg

タシケントの日曜バザール。
最強のガラクタバザール。
思わず旧ソ連軍のリュックと軍服のボタン、黒電話のダイヤル部分(ソビエトのロゴ入り)を購入。



f0118777_2252052.jpg

カムシャフトとかベアリングとかフライホイールとか。
これ全部売り物。



f0118777_2261321.jpg

この統一感のなさ。素晴らしい。
兜があるのがナゾ。その隣の緑の物体はガスマスクのフィルターのカートリッジ。



f0118777_22133992.jpg

ウズベキスタンで見つけた奇妙のもの。

一段目左:オプティカ(眼鏡屋)の看板。

一段目右:女の子用もあるよ。КУЗはテュルク系の言語で女の子という意味。でも読み方は「クズ」。

二段目左:近年ウズベキスタンには中国から大量にモノが入ってきているらしい。そのうち殺虫剤入り餃子も・・・?

二段目右:これほどインパクトのあるチャリは見たことがない。巨大泥除けに大量のリフレクター、そしてデュアルバックミラー。前輪右側に見えるのはおそらくバッテリー。その電力で、日本のヤン車ばりに大音量で音楽を垂れ流し、夜はホイールのLEDがギラギラ。シングルギアでサンダル履きというのがやや気になるが、ハンドルを持つ手が逆手というのがそれを帳消しにしてくれる。

三段目:自分、マネキンですから。

四段目:ヘイ!お待ち!
[PR]

by hide_o_81 | 2008-02-20 22:26 | 振り返る ~アジア編~  

<< キルギス トルクメニスタン >>