イランで見つけたいろんなもの

イランにあった、日本じゃなかなか見られないものをご紹介。



f0118777_21315521.jpg

左:商店に売ってた鉛筆の一種。と、坊主の絵。
右:オレンジ味のすっきり炭酸飲料、ファン・・・じゃなくてファナ。


f0118777_21351779.jpg

イラン製ジープ。


f0118777_21361770.jpg

地殻開閉式地球。
ちなみに、見えにくいが、北米に「南米」、南米に「北米」と書いてある。


f0118777_21424275.jpg

本屋に張ってあったポスター。
おそらく、とにかくでかい物を集めてみました的な本の広告。


f0118777_21433921.jpg

何を言いたいのか、見当もつかない・・・。


f0118777_21441548.jpg

これが誰だかすぐにわかった人は凄い。

正解はフローレンス・ジョイナーである。

これは本屋で立ち読みした英語の教科書。
客がいたずら書きしたのではなく、この状態で出版されている。
アメリカ嫌いの教科書出版社が落書きしてそのまま出版しただけかと思ったが、カール・ルイスには手が加えられていない。

もしかしたら、彼女は男にされたんじゃないか。
イランでは宗教上、女性は顔以外の素肌の露出は認められていない。ところがジョイナーは水着のようなイラン的には実にきわどいユニフォームを着ている。これではイラン国内に悪影響を及ぼす。マズイぞ、と思った出版社(か誰か)は、ユニフォームを短パンにした上、顔と髪型を大幅に改変してしまった。

彼女が写真の上で男にされたのは間違いないと思う。だが、説明においてまで男にされているかどうかはわからない。左の文には、heと書いてあるが、ジョイナーは400mでは勝ってないので別の人物に関する説明だと思われる。
あの時はこの写真に気を取られて前後の文章なんて読まなかったのだが、今になってそれが悔やまれる。ちゃんと読めばよかった・・・。むしろこの本買うべきだった。

それにしても、こんなヘアスタイルにした上、コソ泥みたいな髭、おまけに眉毛まで繋げちゃうあたりに、イラン人の強烈な反米意識がうかがえる。
実に興味深い一枚だ。


f0118777_2221039.jpg

そんなとこからスケート選手が飛び出てくるとは。
日本人じゃ絶対思いつかないだろうな。


f0118777_22221765.jpg

レストランの老主人の机。


f0118777_2223980.jpg

偉大なる先人たちのために、いざ戦わん。


f0118777_22241420.jpg

高い所から逆さまに落っこちても、タイヤバリアを搭載してるから大丈夫。
この車は、ペイカンの次にイランでよく見るサイパ。


f0118777_22253094.jpg

世界の半分を見下ろすチャイハネで写真を撮っていたら、店員の兄さんが俺も撮れと。
ムキムキに見えるけど広背筋以外はガリガリだな。


f0118777_22281733.jpg

イランは筋肉至上主義国家。


-----------------------------------------------------------

突然ですが、明日から1ヶ月ちょい山篭りしてきます。
このブログもその間休止します。本当は全部書き終わらせたかったんだけど・・・。
携帯はたぶん通じるからヤフーのメールとかmixiとかは使えます。
タブン・・・。
[PR]

by hide_o_81 | 2008-01-08 22:42 | 振り返る ~アジア編~  

<< トルクメニスタン イラン東部 >>