トルコ西部、中部

f0118777_12474330.jpg


イスタンブールからまっすぐイランへ向かうには大体3通りくらいの道がある。と思う。
1.アンカラ、カッパドキア、スィワスを通る内陸の道。
2.黒海沿いをひたすら走り、トラブゾンから内陸に入る道。
3.その間の国道100号線というイラン国境まで続く幹線道路。

ディヤルバクルとかワン湖とか南東部を通ってくる人もいるが、PKK(クルド労働者党)が怖いので除外。

1の道は、アップダウンが大変そうなのでパス。カッパドキアもすでにバスで行ったし。
2は海沿いのくせにさらにアップダウンが厳しいらしいのでパス。
残ったのは3。幹線道路なのにあまりチャリダーは通らないので情報が無いが、地図を見る限りアップダウンは他の二つほどではなさそう。途中に見所はほとんどないけどまぁいいか。100号線でいこう。


ということで、45日ぶりにチャリ旅再スタート。
さっそくふらついてコケそうになる。

まずイスタンブールのヨーロッパ側からアジア側に渡らなければならないが、アジア側の道路はvery busyだという話を聞いていたので、ちょっと南のヤロバという町に船で渡る。
いよいよアジアだ。


トルコ人はめちゃくちゃ親切だ。イスタンブールではあまり感じなかったが、田舎に行けば彼らの本領発揮である。

ガソリンスタンドで休んでいると、店員が何も言わずにチャイやらお菓子やらを持ってきてくれる。
スタンドの前を通り過ぎようとするだけでも、「バタン!」と部屋の中から飛び出してきて「チャイ?チャーイ?!」と、ティーカップに砂糖を入れてかき混ぜるしぐさをして誘ってくる。
警官にさえも誘われることがあった。

それで何度もご馳走になった。
メシをご馳走になったり、家に泊めてもらったりすることも何度もあった。

それとトルコ人は超親日的だ。ここらへんの国(つーかおそらく世界中のほとんどの国)では、東洋人=中国人という"常識"が植え付けられているので、たいていは「お前中国人か?」とか「チン!」とか「チャ~イナ~」とか「チンチュンチョン!」とか言われるのだが、トルコだけは最初っから「ジャポンか?」が多かった。そして日本人だと言うだけでめちゃくちゃもてなされる。さらに、日本は素晴らしいだの日本人は頭がいいだの、大絶賛。トルコでは嫌な思いをすることなんてほとんど無かった。


イスタンブールを出て4日目の朝。レストランの隣に張ったテントを出ると、何と雪。
トルコ東部はかなり寒くて雪が降るとは聞いていたが、まさかこんなに西の方で降られるとは。もう4月中旬なのに。

そんな雪の中、1500mの峠を越え、延々と続くアップダウンを震えながら走る。スタンドでチャイをくれる人たちの優しさが一層心にしみる。

人んちに泊まったり、ガソリンスタンドでテント張ったり、工事現場の小屋に泊めてもらったり・・・。全て宿だったヨーロッパとはがらっと旅のスタイルが変わった。

トルコは景色もいいし、メシもうまくて、人も親切。
一番楽しかった国だ。


f0118777_12483824.jpg

ドゥズジェという町で泊めてもらったアブドラフマンさん一家。
店の隣の空き地にテント張っていいか?と聞くと、じゃあ家に泊まれと言われ、売り物のコーラとお菓子をくれ、ピザ屋でピザをおごってもらい、親戚の娘の誕生日会に呼ばれ、さらにチャイハネで町の偉い人を紹介され、翌日は当然のように朝飯が出て、出発前には売り物のミネラルウォーターを持たせてくれた。
曰く「旅人には優しくする。それがアッラーの教えだ。我々の義務だ。だからお前は何も遠慮することはない」。
泣きそうになった。

ちなみにこのドゥズジェは、1999年に起きた大地震の震源地である。この一家も、中心部にあった家が倒壊したため郊外の今の場所に新しく家を建てて引っ越したと言う。


f0118777_1319178.jpg

トルコの大地。


f0118777_13201083.jpg

休憩エリアで休んでいると、2人組のおっさんが車で乗り付けてきてビールを飲み始めた。
「お前も飲むか?」
いえ、コーラで我慢しときます・・・。


f0118777_13221287.jpg

アマスヤという町。岩山にお堂みたいなのがある。
なかなか居心地がいい。宿で一人でビール飲み過ぎてゲロ吐いた。


f0118777_1324585.jpg

昼過ぎ、空き地で休んでいると長距離トラックが3台止まって、ドライバー達がおもむろに料理し始めた。で、当然のように、
「ほれ、おめぇも食え」
カッコいい。


f0118777_13262533.jpg

トルコは山岳国家。


f0118777_1329545.jpg

工事中のガソリンスタンドで。
彼らの宿舎に泊まった。


f0118777_13311086.jpg

だんだん寂しくなってきた。


f0118777_13314065.jpg

長ーい登り。


f0118777_13321081.jpg

2160mの峠。推して歩くのもしんどいほどの暴風。


f0118777_1333925.jpg

エルジンジャンへの下り。
雪は消えたけど寒い。スキーグローブが効かない。


f0118777_13342741.jpg

3000mとか4000mとかの山。


f0118777_1337428.jpg

左の川はユーフラテス川の上流。
落ちたらイラク送り。


f0118777_1338463.jpg

真冬はどうなるんだろ・・・


f0118777_13403735.jpg

また峠。


f0118777_13411681.jpg

台地を走る。


f0118777_13415766.jpg

5月も近いってのに。


---------------------------------------------------

【Media Info】

ところで25日の河北新報に僕の記事が載りました。
これ見てる人で河北新報をとってる人はあんまりいないでしょうけど。
[PR]

by hide_o_81 | 2007-12-26 13:50 | 振り返る ~アジア編~  

<< 年越し 旧ユーゴ&ブルガリア&トルクメ... >>